電車でGO!福島編!

まだ身体がだるいですが、私は元気です。(挨拶)

先日の福島(喜多方)紀行。
普通であれば新幹線を使うのが常道なのですが…
今回は、時間は掛かるけどお財布に優しい在来線コースを選んでみました。
東北新幹線が開通して以降、見向きもされなくなっている在来線の旅ですが、なかなかどうして。
色々と面白い発見やら出会い?がありました。

画像
まずは北千住から東武線「スペーシア」に搭乗。
カッチョイイマークがお出迎えです。
そして、これに乗るからには、必ず見ておきたいところがー!

画像
それは…車内にあるビュッフェ!
「なんだそんな事か」と言うなかれ。
実はこのスペーシア、国内では最早数える程しかいない「食堂設備」を備える列車なのですよ。
(一部特殊車を除くと、他には「北斗星」など豪華列車に存在するだけ…)

画像
そしてそのビュッフェにて購入したスペーシア限定版「鉄道娘」。
一緒にいた家人達からの失笑の寒いこと寒いこと。
オタク魂ここにあり!ですよ?

画像
鬼怒川温泉にてスペーシアとお別れ。
ありがとうー。

画像
で、直通快速に乗り換える訳ですが…なんとこれが会津鉄道8500系DC!
元は名鉄の特急型DCで、元々から5両しかいない超少数派。
JR乗り入れ用に作られたは良いけど、製造後僅か数年で乗り入れ廃止…。
もったいないおばけが出そうなところを、会津鉄道に引き取られてきたそうです。

画像
なんと、運良く一番手前に座れました。
運転台を脇にしまって、それ以外のスペースを展望可能にした設計。
気分はリアル電車でGO!です。


そして…法事も滞りなく終わり、帰途に付いた訳ですが。


画像
帰りの電車を待っている駅にて。
すごい汽笛音にびっくりして外に出ると、そこにはC57「SLばんえつ号」が!
おおお!かっこいい!

画像
ばんえつ号を見送った後…。
やってきた帰りの電車がコレ。特急「あいづ」。
新幹線開通に伴う需要減退で廃止されていたのですが、季節列車で復活!
喜多方→上野を乗り換え無しで直行。ちょーべんり。
赤ベコ色を見て「速度も3倍」とか言っているようでは、ガンオタとしてはまだまだ。(偏った価値観)

ちなみに、乗務員扉脇でなにやら話しているこの青年。
「今日はよろしくお願いします」と運転手さんに挨拶をしているので「?」と思っていたら、車内販売の方でした。
仕事中、顔を合わす事もない運転手さんにも挨拶とは、なんて良い心がけ!

画像
「あいづ」の車内。
イメージキャラの赤ベコがところせましと並んでます。

画像
そして発車。福島ともお別れ~。

画像
車内販売の良き青年へのエールの意味も込めて、お土産を購入。
あいづマークのキーホルダーと、赤ベコサブレ。

画像
やがての上野到着。
そこでふと、シートの上縁の黒い突起に気づきました。
手すりにしては窓側にもあるし…そもそも、なんで内側に曲がってる?


……
………

ああ、そうか!
これってベコ(牛)の角かーっ!


いやはや、最後の最後でのサプライズでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

2009年09月02日 07:49
地方の電車は特色豊かで見ていて楽しいものがありますね。

SLばんえつ物語号の始発駅が実家近くの駅なので良く見てました。

あの汽笛の音と、足元から上がるスチームの白煙は心を揺さぶりますね。
2009年09月02日 10:03
私にはカテゴリー外のお話ですが、とても楽しそうに伝わりました。電車移動でも面白さを体験できるオタ知識があればこそでしょうね。
2009年09月02日 15:26
>82式さん
東京圏の画一的な電車ばかり見慣れた目には、かなり新鮮でした!

しかし、ばんえつ号始発の近くにお住まいとは…羨ましい!
>DragonFatさん
普段あまり旅行とかしない人なので、変にハイになってました。…そう、冷ややかな家人の視線に気づく事もなく。(ダメ過ぎ)

この記事へのトラックバック