真夜中は別の顔

アクセスカウンタ

zoom RSS タミヤ 1/35 3号突撃砲G型 製作その5 地道に再開。

<<   作成日時 : 2016/10/18 02:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

少し落ち着いてきた…訳でもないか。(挨拶)

とはいっても、ここしばらく阿呆みたいに働いてきたおかげで、状況は多少はマシにはなってきた感じ。
そのおかげで「仕事以外のことをする暇もない」という、昭和のサラリーマンのようなジレンマで死にかけてたら世話ない訳ですが。

そんならこんならーで事態は相変わらずカオスのままですが、
放置していたプラモをちびりちびりと触れる程度には精神も復帰してきた模様。

画像
とりあえず、細部塗装も完了、地味にデカールとか張ってみた+基礎コート完了の3号突撃砲さんの図。

などとさらっと書いちゃってますが……
実際には、「細部塗装→シルバリング防止の半艶コート→デカール張り→定着用半艶コート→ウォッシングを乗せやすくする為の艶消しコート」と、割と丁寧なガンプラ的段階を踏んでいるのは公然の秘密。

さて、ここから、AFVモデルのメイン、「ウォッシング」が待っている訳ですが。
派手なウェザリングとかはあまりやったことがないので、どこらへんまでやるか色々を思案中……

模型を作る時間というのは、こういった妄想時間もお楽しみタイムの一つ。
お仕事と違って締切に追われている訳でもないので、ゆっくり考えよう……と、ひとりほくそ笑む吉宗なのであった。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おっ。
久しぶりの三突さん!
いつの間にかかなり進んでるようですが地道で丁寧な工程に頭が下がるばかりです。
汚し加減は中々機会がないので経験が積めず毎度難しく感じるので楽しみですな。
そういえばウォシング等のウェザリングに油絵具を使用する方法もあるようですね。
流石に揃え直すのも手間で試した事はないですが。
キリン
2016/10/18 23:04
>キリンさん
なんとか、基本塗装までは完了しました。
がしかし、このテの模型はウェザリングで相当変わるので、まだまだこれから感もあり?
油絵具の件は、自分も見聞きしたことありますが、さすがにハードル高いかなぁ。(汗
モリタケンジ
2016/10/20 02:09

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
タミヤ 1/35 3号突撃砲G型 製作その5 地道に再開。 真夜中は別の顔/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる